読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

annual report

hobby, city walk, life

日野市プラプラ(夕闇巡礼)

f:id:maboroshi1sei:20160814150223j:plain

久しぶりの更新です。半年ぶりですか。それだけネタにもならない人生を送ってきました。てなわけで今回は日野市(日野駅周辺)を練り歩いてきました。理由はちびっ子のころ非常にお世話になったゲーム、夕闇通り探検隊の舞台のモデルとなった町であるから。夕闇は根はホラーでありつつもメインは中学生の私生活であり、肩透かしなネタも扱うコミカルな描写がステキで、進むにつれてガンガンシリアスに持っていくジュブナイルホラーゲー。陽見市(日野市)という町が舞台の土地密着型ゲーなのでモデルの影響が非常に出ているため、かなり周りがいのある聖地となっています。とはいえ、もう17年も経ってるし、ほとんど潰れたり建て直されているって話は聞いていたのであんまり期待していなかったのですが(夜にyuuki = oorutaichi+ytamoのライブ見るからそれまでの繋ぎになればいいかな程度の気持ちでいた)思ったより面影が残っていたのでとてもいい散歩になりました。

 というわけで到着。中央線好きです。(素直な気持ち)高架駅はホームに降りてすぐ全景が見渡せられるので清々しくて好きです。日野駅、かわいいです。 f:id:maboroshi1sei:20160814142602j:plain f:id:maboroshi1sei:20160814143108j:plain

 こう、グワっての、好き。

出たらとりあえず視界も開けてるしロータリー側に行く。そのとき、今くぐったトンネルってもしかして~と思ったらやはり、ガード下トンネル・東側だ。思ったよりすぐみつかったな、というか普通に考えたら高架下にあるわな。じゃあ反対側には西側のモデルがあるのか!と駅をグルっと回る。そしたら駅南口のモデルに遭遇。お~。説明すると散歩パートの出発地点のひとつであり、結構な頻度で通過するポイントである。想像以上に面影がある。ってまぁ自分の地元の駅だって20年以上たっても大して変化ないんだからまぁそういうことか。そんで西側にも到着。西側は霊障っていう呪いが強まるポイントが付加される通路。霊障がたまっていくとどんどん病んでいって死ぬ。そんないわく付きなスポットなだけあって他とは違い雰囲気ある。なんか千駄ヶ谷トンネル説もあるようで。ちょっと細部まではうろ覚え。。あっちは普通に心霊スポットだしそうかもね。千駄ヶ谷トンネルで思い出しましたが3年前に、東京オリンピックのため立ち退きが決定した千駄ヶ谷トンネルの近くにある霞ヶ丘団地へ行ったことがありました。僕が行った時はやってなかったけど外苑マーケットという小さく趣きのある商店があったりするとても雰囲気のある団地でして。今検索してみたらもう解体工事が始まっているようで。老朽化も著しいし団地には避けられないことですが少しさびしくなりました。「2020年~、オリンピックなんてどうでもいいぜ~」っていうのは僕の好きなラッパーのセリフ。僕は別に興味なくはありません。

f:id:maboroshi1sei:20160814143318j:plain f:id:maboroshi1sei:20160814144437j:plain

東側。                  南口通路。西側に行くのは主人公の犬が嫌がるので

                  どうしても行きたい場合はここのフェンスに繋いでから行く。

f:id:maboroshi1sei:20160814144019j:plain f:id:maboroshi1sei:20160814144237j:plain

 駅前広場。憩いの場。            西側。なんだか病んできた。

 そんでもって。西側ガード下にいったらもう目の前には宝禄寺こと宝泉寺発見。聖地だから~とかじゃなくもう佇まいがかっこいい。用水路大好きっこちゃんなんですよ。奥にはちゃんと墓場も。あいにく、虫切り師のおじさんはいませんでした。賽銭箱の前でお祈り。この日は(8/14)劇中最終日であり、主人公のクルミちゃんの命日でもある日。ライブ前の繋ぎとか言いましたけど実は狙ってました。「帽子のお姉ちゃんの事きっと皆忘れないね、ずっとずーっと。」俺は忘れてないぞー。ちなみに、夕闇はお寺でお祈りすると霊障ー1なので。さっきの西側の霊障はチャラです。

f:id:maboroshi1sei:20160814144801j:plain f:id:maboroshi1sei:20160814144808j:plain

宝泉寺。分かりにくいけど橋の下には用水路。

f:id:maboroshi1sei:20160814144835j:plain f:id:maboroshi1sei:20160814144944j:plain

 ずいずいずい

 続いては線路を挟んで向こう側にある例のアレ。夕闇といえば大階段だよー。結構しんどい傾斜で住民のみなさん結構しんどそうに昇降していました。これは転べば確かに死ぬよ...

f:id:maboroshi1sei:20160814150748j:plain f:id:maboroshi1sei:20160814150948j:plain

 入り口!                  こんな感じ

f:id:maboroshi1sei:20160814150836j:plain f:id:maboroshi1sei:20160814151014j:plain

中腹にはこんな階段が。降りたかった...     景色最高

f:id:maboroshi1sei:20160814151034j:plain

この奥の坂上った先に、烏塚っぽい石碑が一杯ある公園があったよ。

最後は大階段をスルーしてまっすぐ行くとある高架下公園。実物もやはりちょっと怖い。。この薄暗い雰囲気で劇中のようにホームレスがいて砂場に人形が埋まってたら誰も来ないよ。というのはホラーゲーやってから来る人間の先入観で。実際遊んだら楽しいだろうな。適度にメカニカルで程よく遊具もあって。自分の地元にもこんな感じに坂に岩がポツポツ付いてるプチボルダリングみたいなのある公園あったけど楽しかったもんなぁ。時間あったら坂で夕方までねっころがるものアリだったな。

f:id:maboroshi1sei:20160814152249j:plain f:id:maboroshi1sei:20160814152352j:plain

ここの下に~                砂場は怖くて掘れませんでした。

f:id:maboroshi1sei:20160814152408j:plain f:id:maboroshi1sei:20160814152419j:plain

こういうのほんと好き。           ガーと下ってガツンと轢かれる。

そんなこんなで時間も時間だったので撤収してライブ会場へ向かってしまいました。正直全然回りきれてない(たとえもうなにも残ってなかったとしても)けど雰囲気は味わえたかなと。特徴的なダストボックスとかはもちろんないし、ジャケットのシーソーのある多摩平団地はもう建て替え済みだしで。大きく時は移り変わっていますが。(夕闇の主題も時代の移り変わりですね。)陽見七神はいまでもこの町に根付いていると思うし、良い町でした。

でも多摩はもっとプラン練ってから行きたかったなってのがありまして。。行きたい団地結構あるし、無難に耳をすませば聖蹟桜ヶ丘とかもいきたいなーとか結構前から考えてて。ちょうど2,3年くらい前に買った12の月のイヴってPCゲーの舞台もそこで、偶然被ったからじゃあこれクリアしたら行くかーとか思ってたけどちょっとまだクリアできてなくて。。。こういうことを言い訳にして 行くのめんどくさいのをごまかしてばかりで延期ばかりで行けてない。。日野にしてもなにかと言い訳見つけては先延ばししてたな。。次回は今回みたいになし崩し的にではなくしっかり余裕をもって行きたいものです。てな訳でとりあえず聖蹟桜ヶ丘に関しては件のゲームさっさとクリアして行きたいと思います。ちなみに飛鳥井凛ってキャラがお気に入りなんですけど攻略対象外だったから当時泣きました。

 ちなみにyuukiのライブはもう最高でした。スティールパンの音色生で聴くのは今回が初めてだったのかな、もしかして。とてもきれいで。バンドセットといいつつも通常の二人セットに、弾き語りもあり、打ち込みビートでのぽこぽこした演奏もありでやれること全部やっててすごく豪華だった。座って観れて途中休憩あって小ビン300円で買えるライブは最高だと思いました。(台無し)生で聴くプラント、とても良かったな。

vimeo.com

夢の山 とても良い曲

 

f:id:maboroshi1sei:20160814142521j:plain

 またあう日まで。