読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

annual report

hobby, city walk, life

豊島五丁目団地

おでかけ

ゴールデンウィークということでまとまったお休みが入ったのでお散歩しよう、とふらり行って来ました。(このお散歩は4/30に行われました)ということで今回は東京都北区の王子駅の豊島五丁目団地です。北区といいますと私は以前に少し赤羽に寄ったことがあった程度なのであまり記憶になく、今回の散歩は楽しみだったのですがどうだったかというと団地はもちろん、町並みも良く、別途に記事書きたいくらい北区が好きになりました。町並みとかそこら辺は後述していきたいと思います。
それでは初めに最寄り駅の王子駅です。もう降りた瞬間に興奮しました。駅にはイケてるトンネルがあり、ロータリーも広く圧倒的な立体感。わくわくしますね。公園や何気ない建物なんかも多くのものが楽しくてはしゃぎました。









どうでもいいけど右のやつめっちゃかっこいい。



団地までは徒歩25分くらいなので歩いても良かったのですが結構な数のバスが出ていたので住民の方々の気分を味わいたく行きはバスに乗ってみることにしました。当たり前ですが別に普通の都市バスですし短距離だから速攻で着いて風情もクソもなかったので別に書くことはありません。着いてすぐにウェルカムって感じに案内図とアーケード広場がお出迎え。全体的に色合いも明るく団地もこの広場を中心に囲むように塔が並んでいるのでなんかテーマパーク的なノリを感じました。時期が時期で鯉のぼりいっぱい泳いでたし。あと団地の周りがとても素晴らしいんですね。すぐ隣には隅田川が流れていて目の前には橋もかかっていてなおかつ首都高も走っている。これが星新一が夢描いた近未来か、って思いました。(適当)









なんか全然ウェルカム感でてないけれどこれは記事の見栄えとか一切考えてなかった僕の気のきかなさが原因です。ふがいない。



塔はオーソドックスなものが基本となっているのですが川沿いの塔だけVの字になっていたりと変則的な構造をしていて見ても、入って見ても楽しかったです。また、14階建てと高層の構造なのでエレベーターが設置されており自分には始めての体験だったのでとても新鮮でした。(と言ってもただのエレベーター。しかも狭い)エレベーターの脇にはダストシュートも設置されておりこれまたワクワクしました。火種を捨てるのはやめましょうとか何件かボヤがあった的なことが書いてあったのですけどそんなことしたら全焼だろ、誰がやるんだよって感じで老人のピュアな恐ろしさを感じました。(決め付け)














だめだロクな写真がない。(でもV字の塔の雰囲気は分かってもらえるのではないでしょうか)












適当に。塔の中に自転車が並んでるのイケてる。



また敷地周辺には二つほど小学校もあったようなのですが片方は廃校となってしまっていたようで少し寂しい結果となってしまっていました。ですが少々殺伐としてはいましたが花が植えられている公園になっていたりと新たに変貌を遂げていて、景観等に配慮したその変化には感無量でした。場所によっては雑草ボーボーでしたけど。話が前後するけど周辺の町も自営業に溢れていて只々素晴らしいなぁと。プラネタリウムや映画館をぶっ潰して発展を繰り返し、出来た結果がチカラめしややよい軒といったチェーン店の嵐である僕の地元周辺の町とは大違いだ。

一通り団地を堪能したので今度は隅田川沿いをぷらぷら〜と。よかよか。途中で広めの公園で戯れインスパイアーザネクスト。新田に差し掛かった際に通りがかった高校前の並木道がとても良くよかぽよなアレでした。なんかとった写真がイマイチでこれじゃ伝わらない感じですが。






















ここらへん歩いてた時すごいテンション高かった。



そして帰りは別ルートで歩いて駅へ向かったらどうもそそる感じの施設が見つかる。大した標高差があるわけでもないのですがなにやらモノレールが設置されている山的な公園が目に留まる。どうやらここは飛鳥山公園という古墳や博物館がある公園らしくとても広くゆったりとしたところで非常に心地よい場所でした。前述した古墳等は残念ながら時間外で閉園してしまっていて見れなかったのですが開放されていた広場や公園はどれも広くゆったりとしていて大型の遊具が多く設置されていたりD-51が展示されていたりとなんだここは、最高じゃ。帰り際の思わぬ収穫で気分は最高潮に。(2分後何事もなく電車に乗り込む)最初から最後まで良い散歩となりました。
















最高最高最高〜。路面電車はおまけ。



今回も団地のみならず周辺の町並みも楽しんできたのですが今回は本当に楽しかったです。(河川敷最高〜)北区恐るべし。良い町だ、また来よう。それにしても今回は記事化するのずいぶんサボってしまったなーいかんいかん、フレッシュなうちに書かなくては。次回はどこに行きましょうか。きつ〜い寒さを楽しみながら、そこらをプラプラしたいものです。